「8ビート(エイトビート、えいとびーと)」の意味・使い方・お手本

今回の『現場で使えるドラム用語集』は「8ビート」です。

8ビート(エイトビート)とは、8分音符をベースとしたリズムのこと。

ドラマーならずとも、バンドマンなら必ず1度は出会ったことがある用語ですね。ロックやポップスなど、様々なジャンルで使われるグルーヴです。

8ビートのパターン例

よくある8ビートのパターンを叩いてみました↓

8ビートと16ビートの違い

ドラムのリズムパターンでは、「ハイハットを8分音符」で刻み、2拍・4拍にスネアのバックビートが入る感じが一般的。

ちなみに、16分音符をベースとしたリズム形態は「16ビート」です。

8ビートのリズムパターン例とサンプル音源

8ビートのパターン

16ビートのリズムパターン例とサンプル音源

16ビートのパターン

【関連】16ビートとは

8ビートと16ビートの聴き比べ

8ビートと16ビートは「ノリに大きな違い」があります。これは感じるしか無いので、色々と聴くべし!

Toto – Holyanna

皆さん大好き、ジェフポーカロ。ちょっと速めの8ビートです。ノリノリでご機嫌なビートが1周回ってナウいです。↓

Boz Scaggs – Lowdown

ジェフポーカロのゴリゴリ16ビート。ここはハイハットのグルーヴに注目! ハイハットで色々な表現をしています。ハイハットオープンを入れたり、アクセント入れたり…何がすごいって、シンプルなビートが「歌っている」のです。↓

Toto – Stop Loving You

基本のノリは16ビートだけど、ハイハットは8分音符で刻んでて、重いけど切れがある。16ビートの8ビート和えな感じが超かっこいい。やっぱりジェフ・ポーカロさんのドラムです。同じ人を聴き比べると面白いので。↓

Bon Jovi – It’s My Life

最後は、『なかやまきんに君』でお馴染みの「It’s My Life」。ロックなマグマ8ビートを感じてください。もちろんドラムはジェフじゃないです。しかし、Bon Joviって無条件でカッコイイなぁ。↓

コトバに惑わされちゃダメ。ノリを大切に。

8ビートはこうじゃなきゃ!

とか、

16ビートだからハイハットを16分音符で叩かなきゃ!

みたいに、「このビートだから」⇒「こう叩かなきゃダメ」という事はありません。8ビートや16ビートなどの『コトバ』に惑わされないようにしましょう。

大事なのは【ノリ・グルーヴ】です。

ハイハットを8つ叩かなくても、8ビートのノリなら…それが、あなたの8ビート!

16分音符で刻まなくても、16ビートのノリを感じるなら…それが、あなたの16ビート!

なのです。

ジャンルを指すコトバではない

8ビートは様々なジャンルのリズムに使われます。要は「8分音符を感じるグルーヴ」が8ビートなのです。

でもロックやポップスを指して「8ビート」という言い方はしないです。つまり、8ビートは「ノリを指す言葉」なので「音楽ジャンル」の意味で使うことはありません。

使用例:
「俺、ロックバンドをやりたいんだー!」←正しい使い方
「おら、8ビートバンドをやりたいぞー!」←トンチンカンな使い方
「この曲は、Aメロは8ビートのノリで。サビになったら16ビートで疾走感を。」←正しい使い方

これは名盤↓

TOTOはベスト盤がいいかも↓

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編