ドラマーあるある言っちゃうよ〜!どっちつかずはツマラナイ演奏になりがち。

ドラマーあるある、言っちゃうよ〜!

「どっちつかずのスタイルは、単なるツマラナイ演奏になりがち!」

はい、今回は自分のドラミングスタイルについてです。

得意なドラミングスタイルを見つける

音楽には、ロック、ジャズ、フュージョン、ボサノバ、サンバ、ポップス、演歌…
など、実にたくさんのジャンルがありますね。

そして、曲調にも、
ゆっくり、速い、静か、タイト、もっさり、粗い、しっとり、おしゃれ、破壊的…
など、たくさんの曲調(表情?)がありますね。

そうなると、ドラミングにもそれぞれの表現・表情が存在します。

ドラマーは、比較的オールジャンルで、色々な表現に対応できる人が多いです。
しかし、根本の「自分のスタイル」というのは存在します。

私の場合はというと…

  • ロックで
  • テクニカルで
  • タイトなグルーヴで
  • 元気なドラミングスタイル

です。

さて、あなたはどんなドラミングをしますか?

自分の個性をどんな時でも出せるか?!

さて、ここからが本題。

ドラミングのスタイルは「こうあるべき!」というのはありません。

むしろ、自分が得意で好きな表現っていうのを、どんな時でも出せる。
こっちの方が、1000万倍重要!

というのも、それが「個性」であり「その人の表現・ハート」なんです。

自分のスタイルでどう表現するか

私は、「おしゃれ~」なジャンルのドラムってのが、かなり苦手。

カフェで、でかいサングラスかけて、小型犬をかかえて、カプチーノを飲んで…みたいな雰囲気の「オシャレでカプチーノな表現」はできない。。。

しかし、私なりのオシャレな表現ってのはできます。

そう!
重要なのは、自分の価値観、自分のハートで、その曲を自分のスタイルでどう表現するか?ということなんですね。

それっぽい演奏はできるが…

さて、前述のオサレ〜な感じ。
実は、テクニックがあれば、「それっぽく」は叩けます。

というか、それっぽい雰囲気は出せます。(だってプロですから。)

でも、でもですね〜。。
これって、叩いてて気持ちよくないんだよねー。

「置きにいってる」って感じかな。

そうなると、どうしても「心がこもらない」。

それっぽくて上手い演奏」はできても、「心に響くいい演奏」はできないのです。
これ、音楽やる上でとっても大切な本質ね。

まとめ

それっぽく叩く、とか、〇〇風に、みたいな演奏をしても、ハートが無いと「つまらないカスカスな演奏」になってしまいます。

自分のスタイル・自分の好きな表現、それを、どんな曲でも、どんな曲調でも出せるようになる。
これが重要です。

そのためには、鋭い感性高度な表現力幅広いアプローチの力が必要ですが。。。

でも、かなり重要です!

ドラムを習うなら「みっきーのドラム教室」。楽しくドラムを習ってみませんか?
≫ レッスンの内容と料金を見る
≫ みっきーのプロフィールを見る

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編