「倍テン(ばいてん、ダブルタイム、Double-Time Feel)」の意味・使い方

倍テンとは、ノリを倍速にすること。

おそらく、「テンポが倍速になったみたいなノリ ⇒ 倍テンポ ⇒ 倍テン」という言い方になったと思われますが、この “テンポ” というコトバに惑わされちゃいけません。

あくまで『”ノリ”が倍速』のイメージです。

「倍テン」には色々な呼び方があります。例えば…

倍テンポ、ダブル、ダブルタイム(Double-time)、ダブルタイム・フィール(Double time feel)、ダブルタイム・グルーヴ(Double time groove)

などで、私の経験では「倍テン」の使用率が圧倒的に高いです。

どの言い方も、意味というか「意図すること」はすべて同じで『ノリが倍になる』と考えて間違いないでしょう。

逆に、ゆったり(半分のテンポ感)は半テンと言います。

倍テンの叩き方

ドラムパターンでの倍テンは、楽譜で見るとこんな感じ↓
倍テンのドラムパターン

音源で聴いたほうが早いですね↓

ドラムパターンは「参考例」です。ポイントは「フィールがダブルになる」「倍のノリになる」「グルーヴがダブルタイムになる」という『ノリの変化』です。

倍テンは、疾走感・アゲアゲ感の爆発力があるので、ここ一番の所で効果的に使うとライブで盛り上がります。ドラムだけ倍テンで突っ走らないように、バンドメンバーとの意思疎通はしっかりしておきましょう!

Jazzです。音源に合わせてダブルタイムを解説。わかりやすい↓

【関連用語】半テンとは
オンラインレッスン

オンラインレッスン受付中

みっきーのドラム教室では、対面の個人レッスンが基本ですが、
・なかなか通う余裕・時間がない
・通うのは敷居が高い
・東京/横浜エリアではないので通えない
・対面は苦手・緊張するのでちょっと…
という方のために、オンラインでの通信レッスンをしています。
一回ごとの単発レッスンです。ぜひ一度受講をしてみてください!