ロックドラムのレッスン

ロック・ドラムのレッスン内容を紹介します。
初心者から上級者まで、ロックドラムのフィーリングやアプローチ方法についてレッスンします。

とくかく「かっこいい!」を極める

ロックドラムは、やはり「かっこよさ」が一番大切!
むしろ、かっこよければ何だっていいのです。

基本は8ビートで、様々なリズム・パターンを習得します。

  • ずっしり重い、ハードロックのフィーリング
  • タイトでクールな、ロックドラミング
  • ラウドでクレイジーなパンクスタイル
  • ラフでドラッグしたファンキー風なドラミング

8ビートがどれも同じと思ったら大間違い。
同じ8ビートでも、グルーヴ(ノリ)を変えて、かっこいい表現・アプローチをしなければいけません。

シンプルなフィルインがセクシー!

フィルインは、ドラマーのセンスがキラリと光ります。

  • 様々なフィルインを徹底研究
  • リズムパターンとフィルインを組み合わせる
  • 表現力があれば、フィルインが一気にセクシーになる!

セクシーなフィルインを徹底的に学びましょう。

カウントもロックでいくぜぃ!

曲の始めにドラマーの大仕事があります。
それは、「ワン、ツー、スリー…」というカウント出しです。

このカウント出し、失敗すると最悪です。
カウントと実際のテンポが違ったり、テンション低くて暗いカウントを出していませんか?

  • カウントを出すための心得
  • どんな(気持ちの)準備をすべきか
  • カウントで変わる、バンド全体のテンション

単に、スティックを鳴らして「わーん、つー…」と言うだけでは、全〜く意味がありません。

カウントを出す所から音楽は始まっている!
この心構えが、何よりも大切です。

エンディングで盛り上げろ!

曲のエンディング。
これは最後の盛り上がり曲の余韻を演出する、と〜っても大切な要素です。

エンディングが素晴らしいと、曲全体の反応がMAX以上に高まります。

  • エンディングのパフォーマンス
  • ここ一番の盛り上げフレーズ
  • とにかく激しく叩きまくるには?
  • しっとり涙をさそってみる

ドラムレッスンの内容と料金はこちら

ドラム個人レッスン|内容と料金