ポップスドラムのレッスン

ポップスを演奏するためのレッスン内容を紹介します。
ポップスに大切なフィーリング、アプローチ方法などをレッスンします。

「表現力」を大切に

ポップスドラムは、「表現力」が大切になります。
喜怒哀楽の全てを演奏に込めて、素敵な曲にしたいですよね。

基本は8ビートですが、曲調によって様々なリズム・パターンが必要になります。

  • ちょっと重めのロック風フィーリング
  • タイトで明るいドラミング
  • カフェ風のおしゃれなドラミング
  • ファンキーでダンサブルなグルーヴ
  • しっとりと、大人な雰囲気

曲にピッタリのグルーヴ(ノリ)でアプローチしなければいけません。

表現力を高めてセクシーなフィルインを!

ドラマーのセンスがキラリと光るフィルイン。
表現力に加えて、フィルインの「引き出し」を多く持つことが、大切です。

  • 様々なフィルインを徹底研究
  • リズムパターンとフィルインを組み合わせる
  • 表現力があれば、フィルインが一気にセクシーになる!

カウントも含めて演奏なのだ!

曲の始めに行うドラマーの大事な仕事、それはカウント出しです。
いわゆる「ワン、ツー、スリー…」ってやつ。

このカウント出しは、と〜っても大切。
カウントを出す所から音楽は始まっている!」のです。

  • カウントを出すための心得
  • どんな(気持ちの)準備をすべきか
  • カウントで変わる、曲の雰囲気

単に、スティックを鳴らして「わーん、つー…」と言っていませんか?
心構え、気持ちの入れ方」が大切なポイントなのです。

エンディングで曲の感動はMAX超えに!

曲のエンディングは、「最後の盛り上がり」や「曲の余韻」を演出するもの。

  • 色々なエンディング・フレージング
  • 最後に向けて盛り上げろ!
  • オーディエンスの気持ちを高揚させるエンディング
  • しっとり涙を誘う、大人のエンディング

エンディングエンディング後の余韻も含めて、曲を演奏するということです。

ドラムレッスンの内容と料金はこちら

ドラム個人レッスン|内容と料金