吹奏楽・ブラスバンド向けレッスン

吹奏楽・ブラスバンド向けのレッスンを紹介します。
課題曲の持ち込みも歓迎です。

色々な曲に対応する

吹奏楽・ブラスバンドでは、色々な曲色々なアレンジで演奏します。

そのため、幅広いリズムフレーズ、フィーリングを学んでおきましょう。

  • ポップスに必要なタイトなフィーリング
  • クラシカルな曲にも対応する、基本の徹底
  • 8ビートや16ビート、シャッフルやジャズまで、幅広く対応する

ドラマーは指揮者

ドラムは「リズムキープ」をするだけではなく、曲の盛り上がりや喜怒哀楽を表現するもの。

ブラスバンド全体の音をよく聞いて曲をどう味付けするか、指揮者以上に曲についての理解と表現力が必要になります。

  • ブラスバンドならではの、楽曲へのアプローチ
  • リズムがヨレてちゃだめ!タイム感を鍛える
  • ダイナミクスが大切!演奏力について考える
  • 自分以外の楽器の音も、ちゃんと聞くべし!

課題曲を持ち込んでトレーニング

吹奏楽・ブラスバンドの場合、「この曲(課題曲)をやりたい!」という要望があれば、その曲を徹底的にトレーニングします。

ウィークポイントや、改善すればもっと良くなる点など、様々な観点でチェックします。

ドラムレッスンの内容と料金はこちら

ドラム個人レッスン|内容と料金