レベルアップカリキュラム

ある程度ドラムは叩いてるけど、こんな悩みはありませんか?

「なんか上達しなくなった…」
「フィルの時だけリズムが狂う」
「もっとうまくなりたい!」

より音楽性の高みを目指した、ストイックでハングリーなドラマー向けのレッスン内容です。

音楽的なアプローチ」や「リズム・パターンのバリエーション」など、音楽を創造するという観点で、ステップアップしていきます。

叩き方の基本

「叩きたいフレーズを、自由に叩きたい!」と思いませんか?
基本を身につければ、思ったフレーズが思い通りに叩けるようになります。

  • 叩き方(スティックコントロール)の基本
  • 足の使い方(バスドラムの基本)

あたり前のことを、あたり前にやるためには基礎が必要」という考えで、「基礎」がブレている場合はしっかりと矯正していきます。

色々なリズム・パターン

世の中には、様々なリズム・パターンがあります。

普段、あまり聴かないジャンルのリズム・パターンや、今まで知らなかったフレーズなど、様々なリズムに挑戦しましょう。

  • 8ビートの基本フレーズ
  • 16ビートの基本フレーズ
  • シャッフル(ハネもの)フレーズに挑戦!
  • バスドラムのパターンを徹底的にマスターする

独学だと、どうしても「手クセ・足クセ」のいつものパターンだけになりがちです。
色々なフレーズを吸収すると、「引き出し」が増えますよ。

セクシーなフィルインを徹底研究!

フィルインは、ドラマーのセンスが問われるポイントのひとつ。

色々なドラマーの「おいしい」フィル、様々なジャンルの「かっこいい」アプローチを学びます。

  • 様々なフィルインのパターン
  • リズムパターンとフィルインの組み合わせ
  • 同じフィルインでも、表現力でセクシーになる!

セクシーなフィルインを徹底的に研究しましょう。

ストロークをもっと極める

正確なスティック・コントロールは、基本中の基本。
より高度なテクニックを身につけます。

  • ダブルストロークをきれいに出す
  • パラディドルの応用パターン
  • フラム・パターンで超絶フィルイン!
  • ストロークの応用、ルーディメンツ

フット・コントロールで差をつける

海外の経験で体感したこと、それは「フット・コントロール(足の使い方)」が繊細で巧みである、ということ。

特に日本人は(住環境が影響しているせいか)足のトレーニングが少ないです。

  • フットペダル(バスドラム)の基本トレーニング
  • フットペダル(バスドラム)を使いこなす
  • ハイハットを使いこなす
  • 色々なハイハット・パターンを知る

「足は踏むだけ」と思っていませんか?
手と同様に、繊細なタッチ、パワフルなストロークなど、音楽性を高めるテクニックが必要なのです。

ドラムレッスンの内容と料金はこちら

ドラム個人レッスン|内容と料金