ドラムを習いたい女性が知っておきたいレッスン選びのポイント-ドラム女子に教えている講師がホンネで言います。

私のドラム教室には、女性の生徒さんも多いです。
というか、最近は女性の方が新しい事にどんどんチャレンジしてるなぁって気がします。

さて、女性の生徒さんが最初に体験レッスンを受ける時、、

  • 女性でもドラムは叩けるのか(特にパワー面で)
  • 細かいアドバイスがもらえるのか
  • 大人になった今からでもドラムは習えるのか
  • 楽しくドラムを習いたい

こんな心配事を持っている方が多いです。

という事で今回のテーマは「ドラムを習いたい女性が知っておきたいレッスン選びのポイント」です。

女性でもドラムは叩けるのか

女性でもドラムは叩けるのか?の回答は、ずばり「もちろん!」です。これは悩むことはないですよね。

でも、「ドラムてパワーが必要で、ムキムキのマッチョメンじゃなきゃ駄目なんじゃ…」という不安があるかもしれません。

はい、安心してください。ドラムはパワーじゃないです。

ドラムのパワーは「叩き方」次第

ドラマーの腕は太い

ドラムって、一見「パワフルに叩いてる」ように見えるもの。海外のミュージシャンとがゴリゴリのマッチョですよね。。でも、腕の太さとドラムの音の大きさは関係ありません。

私は脂肪肝ですが身体は細いです。でも音はかなり大きいです。

なにがポイントかと言うと「叩き方」です。

結局、力で叩いてもバチッ!という「アタック音」が強いだけで、耳障りで不快な音になるだけです。(このドラムうるさい!って思ったことありませんか?それはアタック音が耳に刺さるんです)

音のパワフルさって「鳴りの大きさ」が重要なのです。

いくら強く叩いても、太鼓を太鼓として鳴らさないと深いイイ音にはなりません。

そう、ちゃんと太鼓を鳴らすには叩き方が重要なのです。

こちらにも書いてあるので参考にしてくださいね↓
関連女子でもロックでパワフルなドラムを叩けるの?

女性ならではの姿勢も考えないとね

私は男性ですが、やっぱり女性は女性ならではの「姿勢(身体の使い方)」ってあると思います。

男性は普段から姿勢が悪い人も多いです(というか、私は猫背でガニ股です…)。男性なら多少ザツな身のこなしでも気にしないし、注意もされないですよね。
でも、女性にとって普段の姿勢って大切だと思います。

そんな「普段の姿勢」の違いでも、ドラムのセッティングって変わります。

まあ、女性は椅子がちょい高めになる傾向です。あまり女性にガニ股は似合わないですから…。

私はそんな事も考えながら叩き方のアドバイスしています。

女性がドラムを叩く時の姿勢

細かいアドバイスがもらえるのか

やっぱり習うなら、ちゃんとしたアドバイスがもらえる所に習いたいですよね。

教室によっては「課題を叩くだけで、細かいアドバイスはもらえなかった」という所もあるみたいです。(←私の生徒さんの経験談)

では、ちゃんとしたアドバイスとは何か?というと…「その人に最適な指導」ということです。

キーワードは「最大公約数じゃないアドバイス」です。

音の質を聴き分けられる講師がよい

ドラムって生の楽器です。
なので、叩き方、姿勢、強さ、力の入れ方・抜き方で音の質が大きく変わります。
さらに、スティックの種類、ドラム本体の状態なども影響します。

その人がどんな叩き方の特性を持っているのか?
そして、どんな音を出したいのか?(どんなドラムが好みなのか?)をちゃんと理解した上で、それに見合ったアドバイスができるか?が講師の力量です。

なので、ちゃんと「生徒さんがどんな音を出しているか?」を聴き分ける「耳のセンス」を持った講師に習うのがよいです。

最大公約数じゃないアドバイスができるか?

この「音を聞き分ける」って結構難しいです。講師自身がいろいろな音を出せて、幅広い引き出しを持っていないといけません。

なので「最大公約数的なアドバイスしかできない講師」では厳しいと思います。

講師の選び方はこちらで詳しく書いてます↓

講師は名プレイヤーの必要があるか?

名コーチが名プレイヤーなのか

スポーツでは「名コーチが名プレーヤーだったとは限らない」かもしれません。

ドラムに関して言えば、、、
「速く叩く」とか「複雑なパターンを叩く」みたいな運動能力は、たとえ講師がそれをできなくても教えることができます。

でも、表現や耳のセンスの様な感性の部分は、講師のセンス以上の事は教えることができないものです。

なので「どこで習うか?」ではなく「誰に習うか?」を重視した方がいいと思います。

大人になった今からでもドラムは習えるのか

ドラムに限らず、音楽・楽器に年齢は関係ありません。音楽は一生楽しめるものです。
なので、大人でも思いっきり楽しめます!
年齢を「やらない理由」にしちゃうのはもったいないですよ!

長く継続して楽しめばいい

仕事が忙しくてなかなか練習できないからなぁー..と心配な方もいると思います。
しかーし!短期間で上達する必要って全くないです。

楽しく・長く継続して続ければいいと思います。
特にプライベートレッスンは、上達の速さ・遅さは全く関係なし。自分のペースで上達していけばいいですよね。その方が絶対楽しい!

楽しくドラムを習いたい

もちろんレッスンは楽しいです!とにかくドラムを叩くこと自体が楽しいですから。

とはいえ、、、

やっぱり講師との相性ってあると思います。私はプライベートレッスンなので生徒さんにアレコレ説明したり、好みを聞いたり、雑談したり、、、と喋ることが多いです。

逆に生徒さんから質問されたり、ここが苦手だけど、どんな練習をすればいいの?とアドバイスを求められたり…。

そんな会話をする機会が多いです。

なので、どうしても講師とのフィーリングが合わないこともあると思います。

ぜひ一度体験レッスンを受けてみて「講師の力量」と「講師のキャラ」を確認してくださいねー。(←宣伝)

まとめ

最近は女性のドラマーが多いですよね。ドラムを習う女性もすごく多いですよ。

やっぱりドラムはかっこいいし、楽しい!ってことですねー。

ちなみに、私の生徒さんも半分は女性です。なのでドラムを叩きたい!という女性もお気軽に体験レッスンを受けてくださいね。

ということで、女性ドラマーのテリ・リン・キャリントンさんを聴いています↓

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編