【女性ドラマー向け】女子でもロックでパワフルなドラムを叩けるの?⇒答え:かっこよく叩けます。

oshiete-mickey

こんにちは、ドラマーのみっきーです。ドラムレッスンをしていますが、生徒さんの半分くらいは女性です。

女性の生徒さんから、こんな悩みを聞くことがあります↓

女性でもロックでパワフルなドラムを叩けるの?

はい、今回のお悩み解決は「女子ドラマーでもパワフルで、カッコよく叩けるか?」というテーマです。

女子ドラマーのお悩み

女性ということで力が弱く、強く叩いても何だかロックな音じゃない。そして、8ビートを叩いても、何だかロックなテイストじゃない。というお悩みでした。

理想としては、こんなプレイがしたい!ということです。

  • パワフルな音で力強く
  • 熱いロックなビートを叩く!

ドラム女子がパワフルに叩くためのアドバイス

お悩みに対する私の回答はこちら↓

女性でも、叩き方がしっかりすればパワフルな音、芯のある音が出せます!
そして、ノリを出す的確なポイントを知れば、ロックなテイスト、グルーヴが叩けます!

ザックリ言うと、「叩き方次第で、叩けるようになる。」ですね。

では、どんなポイントがあるのでしょうか?
細かい改善点は生徒さんによってマチマチですが、例をご紹介します。

「強く叩いてるだけ」になってない?

女性に限らず、生徒さんの悩みで多いのが「頑張って叩いてるけど、音がしょぼい。何だかオモチャみたい。」というご相談。

「何でみっきーさんは、そんな芯のある音が出せるの?!」「力が強いんですか?」「疲れませんか?」と聞かれることが多いです。

実は、『音が大きい=強く叩いている』というわけではありません。ポイントは「音をどう出すか?」なのです。

いくら強く叩いても、音の出し方がズレていると「耳にスパーンと入ってくる音」が出せません。逆に音の出し方がドンピシャにハマっていると強く叩かなくても「耳に心地よく、スパーン!と入ってくる音」が出せます。

そうなんです。音をどう出すか?どんな音を出すべきか?これがすごーく大切!

そのためには、叩く場所、スティックの角度、振り出す瞬間的なスピード、力を入れる所、手首の使い方…などなど、色々なポイントがあり、人によって改善ポイントは千差万別。

ドラムレッスンではその人に最適な叩き方を指導しています!←宣伝です。

なんかロックじゃない…それは音のバランスが悪いから

正しく8ビートを叩いてる、なのに微妙に違う…ロックじゃない!
そんな場合、バスドラム、スネア、ハイハットの「音のバランス」が悪いと考えられます。

あくまで1つの理由ですが、両手両足の叩く音のバランスが最適じゃないと、「なんだかロックじゃない」「なんだかヘタっぽい」感じになりがちです。

ロックでいえば、バスドラムはやはり「ドゥンッ!、ドゥンッ!」と腰のあるビートを刻みたい。スネアは「…スパッ!…スパッ!」と気持ち良いバックビートを鳴らしたい。

そんな全体バランスのイメージを持って、それを表現できるか?これが大切です!

そのためには「今、自分がどんなバランスで音を出しているのか?」を客観的に把握して、「どのバランスが最適なのか?」を改善していく必要があります。

ドラム全体のサウンドを、自分で俯瞰した視点で聴くことって難しいと思います。どんなサウンドを出したいのか?それを聞き分ける耳を鍛えることも大切ですね。

ドラムレッスンでは最適なアドバイスをしています!←宣伝です。

まとめ

今回は「女性ドラマー」によくあるお悩みのご紹介でした。しかし、今回のポイントは女性にかぎらず「正確に叩いているのに、ヘタっぽく聞こえる」と悩む方に共通すると思います。

こちらのエントリーも参考にしてください↓
関連レベルアップしたいなら知っておきたい大切なこと

基礎からキチンと習いたい方へ

今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

メルマガ登録はこちらから

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編