グループレッスンと個人レッスンの違いをまとめてみる

group-or-private

ドラム教室には、グループレッスンと個人レッスン(マンツーマン)の教室があります。(みっきーのドラム教室はマンツーマン形式です。)レッスン形式を比較しても、どっちに何のメリット・デメリットがあるのか?と悩むところです。

そこで、今回はどちらも経験している私の体験談をご紹介します。

グループレッスンとは

グループレッスンとは、1つの教室に複数の生徒がいる形式でレッスンをすることです。学校の教室みたいな感じ?ですね。

私は、学生の頃にヤ○ハ音楽教室に通っていましたが、そこはグループレッスンでした。講師が1人、生徒が5人くらいだったでしょうか。生徒の年齢はバラバラですが、大学生から20代前半の社会人が多かったと思います。

グループレッスンの良い点・悪い点

グループレッスンのメリットは「他にも生徒がいて、色々と刺激がある」ということ。自分のレベルはどれくらいか?あの人には負けたくない!など、「比較」する人たちがいるのは刺激になります。

若かりし頃の私は、超絶テクニック信者だったので「誰にも負けないぜぃ!」みたいな競争心を勝手に持っていました。今考えると全く意味がない(むしろマイナスな)考えですが、練習するモチベーションにはなりました。

比較する人がいるということは、自分も比較されるということです。これは教室のレベルについていけない時は、精神的にかなりつらいと思います。
もう一つ、グループレッスンなので「一人に指導する時間が限られる」というデメリットがあります。例えば生徒が5人の場合は、単純に1クラスを5等分した時間しか指導してもらえないって話になります。もちろん、他の生徒さんへのアドバイスも自分のためになるので、一概には言えませんが。

素敵な出会いはあるのか?

グループレッスンで一番気になる「素敵な出会い」について。(気にならない?)

正直、私の経験では素敵な出会いはありません。というか、そんな出会いを求めて教室に通ってる人はいません。ドラムを習いたい!という人は、真剣にドラムに向き合っている人が集まります。なので、どっかのサークルみたいに、趣味もやって〜出会いもあって〜…みたいな雰囲気は皆無です。皆さんストイックにドラムセットに向き合っています。

これは私が教室に通っていた10数年前の話ですが、その当時はドラムを叩く女性って全くいなくて、そもそも男の世界でした。今はドラムが好きで実際に習う女性もいるので、少しは教室が華やかなのかもしれません。(私の生徒さんにも女性がいます)

ちょっと話が脱線しましたが、素敵な出会いうんぬんの話ではなく、同じクラスメイトとして仲良くなれるのか?という観点では、年齢が近くてドラムという共通点もあるので、仲良くなることもあると思います。
最近よくある「大人の〇〇教室」みたいなドラム教室は、かなり和やかな雰囲気で楽しそうだな〜と思いますね。(実際に見学していないので、あくまでイメージです。)

個人レッスンとは

個人レッスンとは、マンツーマンで行う形式です。プライベートレッスンという言い方もします。

個人レッスンの良い点・悪い点

私はプライベートレッスンの経験もありますが、グループレッスンと比べると「とにかく濃密な時間が過ごせる」という点が大きなメリットです。

講師を独り占めして、自分のために、自分だけのアドバイスをしてもらえるので、レッスンの効果は絶大です。
他の生徒さんがいないので、自分のペースに合わせてレベルアップしていける点も、レッスン効果を考えるとメリットが大きいです。人によって得意なテクニックと、なかなか上手にならないテクニックがあるので、苦手なフレーズはトコトンできるまでコーチしてもらえるのは、大きなメリットです。

講師を独り占めするということは、逆に言えば「講師も自分だけを見ている」ということです。そのため「最近、練習不足じゃないの?」みたいな自分の怠慢が100%バレるという緊張感があります。あと、濃厚な時間なのでレッスン中はフルに集中している状態です。なのでレッスン後は結構疲れるかも。(個人の感想です。)

個人レッスンで絶対注意したいポイント

個人レッスンを選ぶ時は「講師の音楽的センス」を見極めてください。あなたの音楽センスを伸ばすには、音楽センスの高いドラマーに教えてもらわないと絶対ダメです!

スポーツの様なテクニックで勝負の世界では、名プレーヤーでなくても名コーチになる可能性があります。しかし音楽は「感性」で人に感動や興奮を与えるものです。
テクニックだけではなく「表現力」「音楽に対するアプローチセンス」「いい音を聞き分ける耳」など、上質で豊かな感性を持った名プレーヤーに習ってください。ダサいドラマーに習う生徒は、ダサいドラマーになります。

グループレッスンと個人レッスンの比較まとめ

グループレッスンは、他の生徒さんがいるので刺激になったり、友達ができる可能性があります。そのため学校の感覚でドラムを習いたい!という「趣味が軸」の人には最適だと思います。

一方、個人レッスンは「ドラムの上達が軸」という人には最高の形式です。誤解の無いように補足しておきますが、個人レッスンはスパルタで厳しい!ということではありません。どこの個人レッスンでも「楽しく叩く」ということは基本だと思いますし、ドラマーってバンドマンの中ではかなり温厚で常識人な人が多い傾向です。(そのハズです。)

私の体験談から、グループレッスンと個人レッスンの雰囲気を紹介しました。あくまで体験談なので、全ての教室に当てはまるわけではありませんが、何となくイメージしてもらえたら嬉しいです。

濃厚な内容で効果絶大!プライベートレッスンをやっています。
個人レッスンの選択ポイントは「誰に習うか?」が重要です。
≫ 講師のプロフィール
≫ レッスンの内容と料金を見る

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編