自宅でドラムを練習する時、絶対に必要なもの

practice

ドラム教室のみっきー(@mickey_higashi)です。
メルマガやってます。よろしければこちらから登録してもらえると喜びます。

ドラムの練習は、実際のドラムセットで練習するのが一番いい。

しかーし! 自宅に防音設備とドラムセットがある!というセレブな人は別にして、いつもお腹ペコペコなバンドマンは、毎日「生ドラムを叩く」なんてできません。

そんな、悩めるドラマーが「自宅で練習するために、持っておくべきおすすめアイテム」は…

  • 練習パッド
  • メトロノーム
  • 鏡(全身鏡)

です。最低限、この3つは自宅練習のために持っておくと良いでしょう。

練習パッド

何はともあれ、叩くものが無いと何の練習にもなりません。ということで「練習パッド」は必須中の必須。(もちろんスティックもね。)

私の経験では、ストロークの練習は「生ドラムよりも練習パッドを使ったほうが良い」と感じます。

スネアで練習すると、どうしても音の響きがあるため「多少ずれてても、そこそこハマって聴こえる」ような気がするのです。

その点、練習パットは「音のツブがハッキリと浮き出る」ためアラが目立つ。そこが大きなメリット。

さらに、音の大きさ(耳への刺さり方)も練習パットの方が優しいので、長い時間練習しても耳が疲れないのも嬉しいポイントです。

ということで、基本の練習は練習パッドでするのが一番オススメ。

私が愛用しているのはこれ↓

最近使い始めて、かなり気に入っているのはこっち(2020.1.17追記)↓

こっちも絶賛愛用中(すごく良いヨ!)↓

EVANS練習パッドの使用感レビューも参考にしてくださいませ。

メトロノーム

メトロノームは練習のマストアイテム。…というより練習には絶対に欠かせない大切なパートナーです。

いくら長時間練習しても、メトロノームと一緒に練習しないと効果は薄いです。怖いのは「悪いリズムのまま、それがクセになってしまう」かもしれないということ。

リズム音痴にならないように

リズムの「音痴」。
何のことかというと、リズムがズレていたり、どんどん速くなったり、ヨロヨロとよれたり…というリズムのズレ・乱れに対して、「自覚がない」という状態。

まさかぁ〜、と思うかもしれませんが、本当にリズムが乱れているのに気づかない人っているのです。

もっと酷い場合「メトロノームに合っているのか?いないのか?」すらわからない人もいます。

メトロノームに合わせて「正しい意識で練習」しないと、リズムに対して「音痴」になる可能性がある。必ずメトロノームに合わせて練習するようにしましょう。

メトロノームに合わせた練習については、こちらを参考にしてください↓

メトロノームは安いやつでも不自由しません↓

鏡(全身鏡)

最後のアイテムは「全身鏡」です。いわゆる全身が映る姿見ってやつ。

全身が映るタイプなら何でも良いですが、あまり幅が狭すぎると見にくいです。あと自立するタイプの方が使い勝手が良いです。↓

なぜ必要か?というと、「フォームのチェック・気づき」に使います。

  • 手首が柔らかく使えているか?
  • 腕の角度は自然か?
  • 不自然な角度に振り上げていないか?
  • スティックの軌道に無駄はないか?
  • 叩いている時に、重心がブレていないか?
  • 叩いている自分の姿はセクシーか?(←これ重要)

など、全身鏡が一つあるだけで色々なチェックができます。

鏡を見ることで、「あ、スティックを振りかぶりすぎてるな」とか「ちょっと練習パッドが低すぎて不自然だな」などの気づきがあるものです。

まとめ

ドラマーが「自宅で練習するために必要なもの」というテーマで、おすすめのアイテムをご紹介しました。

ドラムを始めたいけど、自宅で練習するためには何が必要なの?という方の参考になれば嬉しいです。

おまけ

「足の練習はどうするの?」という疑問があると思いますが、正直いうと「足の練習は自宅では厳しい!」という住環境の問題があると思います。

本当は、ペダル練習の練習パッドを使って足の練習も必要です。
私が愛用しているのはこれ↓

ただし、足の練習パッドはかなり音(打撃音に加えて、ドスっという振動)があるので、お住まいの環境次第…なのです。

ドラムの練習は騒音との戦いでもありますが、頑張って練習していきましょうー!

初心者におすすめの記事をまとめました。

「ドラムを始めたばかり」「これからドラムを始める予定」という、初心者の方は参考にしてくださいませ。
関連ドラム初心者が知っておくべき「基礎知識」と「練習方法」を学べる記事まとめ。

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編