【練習メニュー】 叩き方の基本練習 ドリル(10)

[連載] 毎日の練習パターンを紹介するドラム講座〜!

『叩き方の基本練習ドリル』は、正しいフォームを意識したストロークの練習方法を紹介します。

ドラムの個人レッスンでも実際に行っているメニューです。

練習の目的・ポイント

練習の目的・ポイントはドリル1と同じです。まだ読んでいな方は 叩き方の基本練習 ドリル1 を先にお読みください。

基本フォームのチェックポイント

スティックの持ち方、叩き方の基本フォームを解説しています。読んでいない方は、まずこちらをお読みください。
スティックの持ち方は基本が大切
ドラム上達の第一歩。スティックの振り方・叩き方の基本を身につける!

もう読んだよ!という方は、もう一回ポイントだけ復習↓

  • 手首を使って叩きましょう
  • 手の甲は、なるべく上に向けましょう(←手首が柔らかく使えます)
  • 打ち終わった後は、しっかりセットポジションをキープ!(←ここ重要)
  • 腕は使わない(腕を振らない)
  • 指も使わない(←手首を柔らかく使うための練習です)

今回の練習パターン

右からスタートと左からスタートが交互に出現するパターンです。

叩き方の基本練習ドリル10

サウンド(テンポ60)↓

練習の流れ

メトロノームに合わせて、練習パターンをひたすら反復です。

【練習時間:約6分00秒】
【テンポ:60〜80】

  • 1.テンポ『60』で、練習パターンを『10セット』
  • 2.テンポ『65』で、練習パターンを『10セット』
  • 3.テンポ『70』で、練習パターンを『10セット』
  • [Check!] 速くなってくるとフォームが乱れがち。ちゃんと確認しよう!
  • 4.テンポ『75』で、練習パターンを『10セット』
  • 5.テンポ『80』で、練習パターンを『10セット』

はい。お疲れ様でした〜。

パターンを1セットとして、ゆっくりからスタートします。

叩けるからといって速いテンポだけをやるのではなく、じっくりテンポを上げて何セットもコツコツ叩くのがミソです。

ちょっぴりアドバイス

意識するのはこの2点。

  • フォームを意識して叩く
  • リズムが乱れない様に注意する

基礎練習あるある
16分音符の叩き始めがリズム乱れがち〜』

4分音符の次に16分音符が出現するのが、このパターンの意地悪なトコロ。
16分音符の叩き始めで、リズムが崩れない様に注意です。

叩き方の基本練習ドリル10

叩けたつもり?!になっていませんか?

基本練習では、フォームが正しいか?という事はもちろん、
・メトロノームにしっかりと合っているか?
・リズムがヨレていないか?
など、細かいことを自分でチェックしなければ、間違えたままになってしまいます。

自分では叩けてるつもりでも、リズムが崩れていたり、変なクセが抜けなかったり…。

  • 自分でチェックするのは難しい!
  • リズムが合っていか不安だ…
  • どうしてもクセが抜けない、わからない!

という方は、独りで悩んでいるより習ったほうが絶対に早いです。

上達したい方は、ドラムの個人レッスンをオススメします!

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編