「スティックの持ち方」の基本を正しく知ろう!

スティックの持ち方の基本

スティックを正しく持ちまちょう! これは、上達するための基本中の基本です。

でも、なんで正しくスティックを持たないいけないの? というと…

  • カッコ悪い
  • 下手そうに見える
  • 出る音が悪い(←ここ重要)
  • ある程度以上は技術が伸びない(←ここも重要)

という可能性が大いにあります!

そこで、今回は「スティックの持ち方の基本」を紹介します。

スティックの持ち方の基本

スティックを持つ手順は、以下の感じです。

  • 1.親指と人差し指でつまむ
  • 2.中指、薬指、小指は添える感じ
  • 3.手の甲は(無理のない程度に)上に向かせる

そう、たったこれだけです。

①親指と人差し指でつまんで…↓
スティックの正しい持ち方-親指と人差し指でつまむ

②他の指は、軽く添える感じ↓
スティックの正しい持ち方-他の指は添えるだけ

※ギュッと握ると、腕に余計な力が入るので注意!

③手の甲は上向き↓
スティックの正しい持ち方-手首を使いやすい持ち方

※ダメなパターン(手の甲が真横を向いている)↓
スティックの正しい持ち方-悪い例

なに〜?!これだけかよ! と思うかもしれませんが、
実際にやるとなると、なかなか最初は難しい。。

それでは、詳しく解説していきましょー↓

スティックのどこを持てばいいの?

スティックのどこを持つべきか?

スティックって長いじゃん?どこを持つのがいいの?

はい、これは目安としては1/3くらいの所を目安に持つと良いでしょう。

実は、正確には「一番バランスがよい所を持つ」というのが基本です。

このバランスが良い所というのは、「よく跳ねる所」という意味です。(まあ、そこがだいたい1/3くらいの所になる事が多いです。)

なので、「よく跳ねるポイントで持つ」と考えてください。

親指と人差し指でのつまみ方

親指と人差し指でつまむ

重要なのは、親指と人差し指。まずは親指と人差し指でスティックを「つまむ」要領でつかみましょう。

5本の指で、ギュッと「握ってしまう」というのは、ぜーったいダメ!
余計な力が入ってしまい、柔らかいコントロールができなくなります。

まずは、親指と人差し指でつまむ感覚をつかみましょう。

他の指は優しくそえる程度

他の指は優しくそえる程度

親指と人差し指でつまんだら、他の3本の指は「軽くそえる」。

あくまで軽〜くそえるのがミソです。ギュッと握るのはダメですよ。

余計な力が入ると、柔らかいコントロールができなくなってしまうんです。
そして、上達しなくなります!(ここかなり重要です)

他の指は優しくそえる程度(裏側)

この、そえた3本の指で、細かいコントロールをします。決して力んではいけません。

この3本の指は、ソフトに柔らか〜く包む感じにしておきましょう。

でも、最初につまんだ「親指と人差指」がユルユルになってはいけません!

  • 「親指と人差指」はしっかりホールド(ギュッと握る必要はないです)
  • その他の3兄弟は、柔らかく包み込む感じで(でもユルユルしないように)

この力加減が最初はムズいです。

手首は上に向ける

これが一番重要なポイントです。
手の甲は(無理のない程度に)上に向けましょう。

追記:2019/2/28
手の甲を無理に上に向ける必要はありません。無理して手の甲を真上(12時の方向)に向けても、逆に不自然です。
これは個人差があります。私は14時の方向くらいを向いている感じです。

手首は上に向ける

なぜかというと、手の甲が上を向いてないと手首を柔らかく使えません。

というのも…
手首が横向いちゃうと腕だけで叩いちゃうのです。

こんな感じで、腕で叩いちゃう系(gifアニメーションです)↓
腕で叩いている

最初に「下手そうに見える」って書いたけど、その理由がこれです。

ぱっと見て、いかにも素人っぽくてかっこ悪いフォームって、だいたい腕だけで叩いてます。。

手首のパフォーマンスを最大に発揮するには、手の甲を上に向けるのがよいのです。

手首を柔らかく使っている(gifアニメーションです)↓
手首で叩いている

まとめ

今回は「スティックの持ち方の基本」を紹介しました。

スティックをちゃんと持つことによって、

  • 繊細なタッチ
  • 柔らかいフィーリング
  • パワフルなドラミング
  • 超絶テクニック

など、自由に表現できるようになります。

是非、この基本をしっかり押さえて、どんどん上達してください!

スティックの持ち方を理解したら、今度は「どう振るか?」の基本をマスターしましょう!こちらで解説していますよ↓

関連ドラム上達の第一歩。スティックの振り方・叩き方の基本を身につける!

初心者におすすめの記事をまとめました。
「ドラムを始めたばかり」「これからドラムを始める予定」という、初心者の方は参考にしてくださいませ。
関連ドラム初心者が知っておくべき「基礎知識」と「練習方法」を学べる記事まとめ。

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編