ドラム基礎練習:スティックコントロール – その3【連載 全4回】

スティックコントロールの基礎練習。第3回目は4分音符と8分音符を少しだけ複雑に組み合わせたパターンです。左手から開始するフレーズもあるので、左手ストロークの強化にもなります。

ゆっくりから始めて、徐々にスピードアップしていきましょう。目安としてはテンポ60から始めて、最後はテンポ120まで。テンポ60はかなり遅く感じますが、60のテンポでミスなく、メトロノームとズレる事なく、正確に叩けることが大切です。

基礎練習

それでは、実際の練習パターンを紹介します。

エクササイズ1

(R=右手、L=左手)
stick-ctrl-3

トレーニングのポイント

このエクササイズは、5小節目から右手と左手の手順が逆になります。通常は「右から叩き始める」ことが多いですが、「左手から叩く」ことも大切です。慣れない手順で最初は難しいですが、キッチリ叩けるようになると左手の感覚がハッキリしてきます。

エクササイズ2

(R=右手、L=左手)
stick-ctrl-3-2

エクササイズ1より、少し複雑です。手順がトリッキーなので、右手と左手が混乱するし、拍子(今、何拍目なのか)がわからなくなります。しっかりと「1,2,3,4」のカウントが混乱しないようにしましょう。

焦らず確実にステップアップ

ドラムは1日で上手くはなりません。1ヶ月2ヶ月と継続することで、徐々に速いテンポでも確実に叩けるようになります。
「できた!」という状態は、

  • 間違いなく
  • いつでも正確で確実に
  • 同じ音が出せて
  • 一度もズレる事なくリズムがキープできる

という状態になって初めて「できた!」と言えます。まずはゆっくりから「できた!」を目指しましょう!

プライベートレッスンでは、生徒さんのレベルに合わせたカリキュラムを提案しています。
≫ 講師のプロフィール
≫ レッスンの内容と料金を見る

スティックコントロールの連載(全4回)

次のスティックコントロール基本練習に進む方はこちら↓

  • 【第1回】ドラム基礎練習:スティックコントロール – その1
  • 【第2回】ドラム基礎練習:スティックコントロール – その2
  • 【第3回】ドラム基礎練習:スティックコントロール – その3 (←今ココ)
  • 【第4回】ドラム基礎練習:スティックコントロール – その4
  • 【新連載!】ドラムの基礎練習帳

    もっと練習方法が知りたい!もっと練習パターンをくれ〜!…というご要望にお応えして、新連載を始めました!

    こちら⇒「叩き方の基礎練習」の記事一覧

    「ドラムの基本練習帳」では、ストロークの基礎練習、手足をバラバラに動かす基礎練習など、様々な練習パターンをドリル形式(?)で紹介していきます。

    それでは、今日も基礎練習を頑張りましょ〜!

    教則本:ドラムの練習帳

    教則本(練習パターン集)を販売しています!

    「ドラムの練習帳」はドラムを叩く基本動作・基本リズムを身につけるトレーニング集です。

    「教則本は難しくて最初の1ページしかできない!」
    「教則本を買ったけど、どう練習したらよいのか?使い方がわからない!」
    と悩んでいる方のために、練習パターンを解説付きでまとめました。

    「練習のネタが欲しい!」という方が迷わずに取り組める『日々の練習メニュー』になっています。

    こちらからどうぞ↓
    ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編

    初心者におすすめの記事をまとめました。

    「ドラムを始めたばかり」「これからドラムを始める予定」という、初心者の方は参考にしてくださいませ。
    関連ドラム初心者が知っておくべき「基礎知識」と「練習方法」を学べる記事まとめ。

    Follow me!

    基礎からキチンと習いたい方へ

    ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
    基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

    ※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

    YouTubeチャンネル

    小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

    教則本(練習パターン集)を販売しています!
    ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編