「半テン(はんてん、ハーフタイム、Half-Time Feel)」の意味・使い方

半テンとは、ノリを半分(の速度感)にすること。半分のテンポっぽく(ゆったり感じる)というノリになります。

逆に、速く(倍のテンポ感)は倍テンと言います。

「半テン ⇒ ゆったりなノリ」に対して、「倍テン ⇒ 倍速のノリ」って感じですね。

「半テン」には色々な呼び方があります。例えば…

ハーフ、ハーフのテンポ、ハーフタイム(Half-time)、ハーフタイム・フィール(Half time feel)、ハーフタイム・グルーヴ(Half time groove)

などで、私の経験では「ここはハーフで…」みたいな使い方が多いです。

どの言い方も、意味というか「意図すること」はすべて同じで『ノリが半分(の速度感)になる』と考えて間違いないでしょう。

ハーフタイムの叩き方

ドラムパターンでの半テンは、楽譜で見るとこんな感じ↓
半テンのドラムパターン

音源で聴いたほうが早いです↓

ドラムパターンの動画解説↓

ポイントは「フィールがハーフになる」「半分(ゆったり)のノリになる」「グルーヴがハーフタイムになる」という『ノリの変化』です。

ロックやミクスチャ系などでは、重く・かっこいい感じになるので、ここ一番で効果的に使うと盛り上がります。しっかりと『ノリを変える』事を意識して叩きましょう。

特にスネアのバックビート(2拍・4拍)が重要なので、魂を込めて叩くべし!

ハーフタイム・フィールがかっこいい曲

Linkin Parkの「No More Sorrow」。助さん格さんが出てきそうな感じですが、超カッコイイ。↓

もう一つLinkin Parkから「Given Up」。これもブリッジでハーフ(というかハーフのハーフ?)です↓

【関連用語】倍テンとは

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編