Marvin “Smitty” Smithのシンバルは天下一品です!

dean-brown-band

スープは飲み干しません。ドラマーのみっきー(@mickey_higashi)です。

さて、久々の動画解説シリーズ。今回はギタリストのDean Brownバンドをご紹介します。

ギターのディーン・ブラウンさんは、弾いている姿が熱くて、楽しそうで、本当にカッコイイ!とても好きなギタリストです。

Dean Brownのギタープレイを見ていると、「あぁ、迷いが無いな〜。ハートで音楽やってるな〜」と思います。これってすごく大切。大切なマインドの勉強になります。

そしてドラムは「Marvin “Smitty” Smith(マーヴィン・スミッティ・スミス)」さん。

タイトでファンキーだけど、テクニカルだし熱くてハートフルなプレイを「いつでも、どんな時でも大全開してくれる」そんなドラマーです。

Marvin “Smitty”さんのライブは何度か見に行ったことがありますが、本当に毎回楽しそうで、いつも明るく、いつも熱いプレイを見せてくれます。(絶対にいい人に違いない!)

このハズレが無いってスゴイこと。いつでも、どんなバンドでも、期待通りの”Smitty”なのだ!

動画自体はダイジェスト版なので「え、ここでオシマイかい!」っていう中途半端な内容だけど、Dean Brownバンドの魅力を満喫できますよ〜。

それでは、早速動画をご覧あれ〜。

↓Part1

↓Part4

※動画はPart6まであるっぽい。興味があれば全部見てみよう!

ドラムのココを聴け!のコーナー

さて、ドラム教室のブログなので、少し演奏のポイントを解説しちゃいます。

基本的にキレキレのタイトでファンキーなドラムを叩いています。

しかーし!
タイトでガチガチではなく、要所要所で荒々しいラフなフィルをブチ込んでくるのがカッコイイのです!

やっぱり、基本はタイトだけど「ここ一番の時には、熱く気持ちが入りまくったフレーズをネジ込むぜぃ」みたいな気迫あるプレイスタイルがいい!
ガツンとぶっ込まれると「キター!すげ〜!」とこちらの気持ちもチョー高まります。

特に、狭い隙間にグイグイ突っ込んでくるフィルがカッコイイです。このスペースにここまでブチ込むか!っと思わずニヤっとしてしまいますね。

多彩なシンバルワーク

私が感じるMarvin “Smitty” Smithの特徴は、ファンキーでグルーヴィーなドラムを叩くという事に加えて、「シンバルの音が多彩で綺麗」だと思います。

本当に、Smittyさんのシンバルって音が綺麗だし、色々な音を出すのです。動画ではちょっと伝わりにくいけど、生で聞くと「うぁ、シンバルすげー!」ってなります。

Dean BrownバンドのオススメCD

Dean Brownバンドはライブは熱いけど、アルバムだとポップなフュージョンサウンドに仕上がっています。オススメはこちら↓

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

オンライン講座もやっています。

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編