ドラム教室のみっきーです。
個人レッスン教則本でドラムを教えています。Youtubeチャンネルもよろしくお願いします。

今回は、

「叩けるけど、なんか上手く聞こえない…」

と伸び悩む生徒さんからのご相談に回答します。

相談内容

『ビートを叩いているが、なんか下手に聞こえる。
間違えずに叩いてるし、リズムも乱れていない。
…なんだけどイマイチ、良くない、のれない。』

はい、この「なんか良くない」「ちゃんと叩いてるのに下手に聞こえる」というパターンは初心者はもちろん、テクニックが上達した方にもよくある悩みです。

特にドラム歴が長くて「テクニック的には叩ける」という方に多い気がします。

ビートを叩く時に右手ばかりを意識してないかい?

そんな相談を受けた際、私はまずビートを叩いてもらいます。
そして「ビートを叩いてる時に、どこを意識しているか?」をチェックします。

でもって、あるあるなのが「右手ばかり意識している」パターンです。

右手ばかり意識しているって?

右手ばかり…ってそんな事ない!なんのこと?
と思うかもしれません。

ビートを叩く時に

  • 右手が主導でリズムをとっている
  • 右手をガイドにして左手やキックのタイミングをとっている
  • 叩き始める瞬間、右手に意識がある

みたいなイメージです。

キックとスネアだよ

ここからがポイントで、私の場合はビートを叩く時は「キック」と「スネア」がメインです。

右手は「装飾音」的な位置づけ。
まずは「キックとスネア」を意識して叩きます。

キックとスネアのお互いの「間」

何を意識するか?というと、キックとスネアの「タイミング」や、キックとスネアの「間」です。

多くのビートは、「ドン、タン、ドン、タン」の様に、キックとスネアが交互(っていうのかな?)に入るパターンが多いですよね。

その「ドン」と「タン」のタイミングや、「ドン」から「タン」までの”間”ってイメージです。

ハイハット(右手)を抜いてみよう

レッスンでは何をしているか?というと、ビートを叩いてもらうのですが、その際に「ハイハットを抜いてビート叩いてもらう」という事をしています。

叩くフレーズは同じですが、右手は抜き。
左手のスネアと右足のキックだけでビートを叩いてもらう。

そうすると、あら不思議!意外と叩けないんですよねー。
叩けても「気持ちよくない」です。

そう、それがミソ!
スネアとキックだけって、真価が問われるというか、身体に流れてるグルーヴが問われるというか…。

しかーし!
スネアとキックだけで、ノリノリなビートになったらこっちのもの。

あとは右手を乗せればノリノリビートの完成です。

どんなパターンでも、それぞれの難しさがある

まあ、この「スネアとキック説」は要因の一つです。これで全て解決!ってわけじゃないけれど、悩み解消のヒントになると思います。

って事で、「右手抜きビート練習」をやってみてください。

シンプルなビートも難しいし、キックに16分音符の裏が入ってくるようなファンキーなビートも難しい。

でもって、キックとスネアだけになると、意外と「微妙にリズムがずれてるなぁ…」みたいな所にも気づきます。
この「微妙なズレ」が重要です。グルーヴは細部に宿る!

どんなパターンでも、それぞれの難しさがあるので、何をやっても練習に鳴ると思いますよー。

もちろん練習パッドでもオッケー↓

お試しあれ!

2021.7.4 追記:
最近買った「Zildjian 5A Chroma Pink」も滑らなくてとっても良い!レビューを書いたので参考にしてください↓

オンラインレッスン

オンラインレッスン受付中

みっきーのドラム教室では、対面の個人レッスンが基本ですが、
・なかなか通う余裕・時間がない
・通うのは敷居が高い
・東京/横浜エリアではないので通えない
・対面は苦手・緊張するのでちょっと…
という方のために、オンラインでの通信レッスンをしています。
一回ごとの単発レッスンです。ぜひ一度受講をしてみてください!