みっきー

ドラム教室のみっきー(@mickey_higashi)です。
個人レッスン教則本もチェックしてね。

Youtubeチャンネルで動画講座を公開しています。
チャンネル登録をお待ちしています!

ドラムを自由に叩きたい!
楽譜の通りではなく「自分の思いついたフレーズ」で叩きたい!

そんな、その場で生み出すアドリブ演奏に憧れるぅ〜!って方は多いと思います。

「でも、全然自由に叩けない!アドリブってどうやるの?」

と悩む方も多いと思います。

はい、そうなんです。
最初はなかなか自分の思いついたフレーズを叩けないですよね。

みっきー

今回は、以前にドラム教室メルマガで書いたテーマをブログに昇華させました。メルマガで読んだよ!という方もプラスの内容を追加してアップデートしているので是非読んでくださいね。

アドリブの「叩き方」や「正解」は無い

アドリブの「叩き方」ってのは存在しません。
というか、叩き方があるってことはアドリブじゃないので、叩き方を求めちゃってる人は「そもそもの入口を間違えている」可能性があります。

当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、たまに「叩き方(法則やテクニック?)がある」と勘違いした入口で迷子になっちゃう方がいます。

同様に、アドリブに「正解」はありません。
これまた当たり前ですが、アドリブには「これがアドリブだ!」という正解はありません。
この勘違いした入口で迷子になっている方も、たまーにいます。

アドリブで叩けない方の特徴

私の経験では、「アドリブで叩けない…」と悩む方の多くは

『そもそも、何を叩きたいか?のフレーズが思いついてない』

というケースが多いです。

はい、もうこれ結論ですよねぇー。

でも、ここで迷子になっている方多いんです!
「フレーズが思いついてない」ってことに気づいていないというか、「叩けない・叩き方がわからない…」と変な方向に考えちゃって、余計に迷子になる。

みっきー

そんな迷えるアドリバー達よ。
アドリブで叩くには、「テクニック × 引き出し」の掛け算が必要なのだ!

アドリブで叩くための2つの要素

テクニック

基本的な叩く技術。
これが無いと、いくらアメージングなフレーズを思いついても、それを「ちゃんと再現できない」ことになります。

むしろ、テクニックっていうのは「ドラムのよさ」「上手さ」ではなく、
「自分の表現を忠実に再現するための手段」なのです。

みっきー

※「テクニック=演奏」ではないってのがポイント!

引き出し

そんでもって、、、

いくらテクニックがあっても、「何を表現するか?」「どんなビートを叩くか?」みたいな「叩きたいこと・発想」が無かったり、ダサかったりすると、これまた困ったことになります。

引き出しを増やすには「音楽を聴く」「踊る」「耳コピする」が絶対必要。
さらに音楽以外にも色々な体験をする…を積み上げていくと洗練されます。

という事で、「テクニック × 引き出し」の掛け算なので、
どっちがゼロでもダメですよー。

アドリブで叩くための練習方法

では「どうやって練習するか?」のお手軽な方法をご紹介します。

それは、曲に合わせて歌う」です。

歌うといっても歌を熱唱するのではなく、「ドラムのフレーズを歌う」です。

歌い方は自分の好きな通りで構いません。

「ドン、タッ、ドンドン、タッ」でもいいですし、
「ズン、チャン、ズズ、チャン」でも、「ドゥ、ダァ」でも、「ツン、パン」でも、「チチタチ、チチタチ」でも…、
何でもいいからドラムのフレーズを歌ってみてください。

フィルも歌います。
「タカトン」でもいいし、「ラタッタ、スタラタ、トコトゥン、ドコドコ」でもいいです。

とにかく歌う。

段階を踏んで歌うといいよ

闇雲に歌うだけじゃなくて、段階を踏んで「歌う」といいと思います。

  1. まずは完コピを目指して歌う(曲と同じフレーズを歌う)
  2. 次に「完コピ」かつ「表現やダイナミクス」も再現できるように歌う
  3. そして、フィルをちょっと変えて歌ってみる

はい、こんな感じです。

ナニゲに重要なのは2番の「表現やダイナミクス」も再現できるように歌うって所です。

先程、歌うのは「ドン、タン」でも「チチタチ」でも何でもいいと話しましたが、そこから1歩ステップアップしています。

最初は「ドン、タン」でもいいですが、もっと「自分が聞こえた感じ・自分が感じたまま」を歌で表現するようにしてください。

例えば激しい場合は「ドゥン、ダァ」とか、感情を入れて歌う。
「チチタチ」も「ツツタッツ」だったり、「ズゥズゥダァズゥ」だったり、色々な感じ方・聞こえ方があります。

そんな感じで、歌で表情・ダイナミクスを出してみるっていうのが大事です。

そうやっていくと、だんだん「ここはこう叩くのもアリだな」みたいなヒラメキがあります。それをどんどん採用していく。

みたいな流れです。

脳内で歌うのもアリ

ちなみに、声を出して歌うのがいいけど、脳内で歌うのも全然アリ。
というか、脳内で歌う機会の方が多いです。

脳内で歌うなら、いつでも、どこでも、いつまでもできますよねー。…って事は、寝る時以外はずっと練習できる!ってことです。

みっきー

寝る時に歌うのはやめましょう。興奮して眠れなくなります。(経験談)

どんどんアウトプット。その経験値が大事。

という事で、アドリブは「テクニック x 引き出し」です。

私の経験だと「アウトプットした経験値」がとても大事だと感じています。

いくらテクニックがあって、引き出しも豊富だったとしても、「アウトプットする瞬発力」が無いと、いざって時になにもできません。

どんどんアウトプットすべし。そして簡単で手っ取り早いアウトプット方法が「歌う!」です。

思わず衝動買い。練習パッドってスティックが置けないからねぇ↓

みっきーからの
お知らせ

◎通信講座でドラムが習えます。
オンラインレッスンの詳細はこちら

◎練習パッドで基礎トレーニングをしよう!
ドラム教本はこちら

◎メルマガやっています。
小ネタや、よく聴く音楽などの紹介をしています。ご参加ください!
メルマガ登録はこちら

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編