レベルアップしたいなら知っておきたい大切なこと

born1

「一流のものに触れよ」というコトバ。詩人ゲーテが残したメッセージや、自己啓発や自己投資のキーワードでも一度は聞いたことがあると思います。

これって音楽はもちろん、絵画、スポーツ、ビジネスなど、全てのことにあてはまる「自分の引き出しを底上げする行動」だと思っています。

引き出しを底上げするって?

見たことがないもの、食べたことのないもの、触ったことのないもの、聞いたことがないもの …
実際に触れて、感じて、体験したこと以外のことを表現するのは、かなり難しいです。基本は自分が体験したこと、聴いたこと、見たことを引き出しに貯め、そこから自分なりのメッセージとして表現すると思います。

ということは…
一流のものに触れている人は、一流のものから得た体験に基づいた表現ができる可能性が高まる。のではないでしょうか。

「何か違う。上手いけど良くないネ。」と言われた経験から

born-women

昔々あるところに、幼少からドラムを叩き、天性の才能を開花させ、爆発的なテクニックを身につけていたドラマーがいました。そのドラマーは「俺に叩け無いフレーズはない。超上手いぜ!」と自信満々でした。

ある日、バンドで知り合ったSaxプレイヤー(ロサンゼルスで生まれ育ったハーフ)とセッションをした時、「お、兄ちゃん上手いね!でも、全然良くない。ツマラナイヨ〜。」と言われました。しかもセッション開始直後に。。。

セッションでは、曲の盛り上げに「よし、手数爆発のスーパーフィル連発だぜ!」と大ハッスルするも、「なんか違うネン。盛り上がっとる感じだけど、気持ちが盛り上がらナイヨ〜。」とツマラナイのダメ押し。最終的には「8ビートが8ビートじゃないネ。」と根底からツマラナイ宣言されてしまいました。

自信満々だったドラマーは「え、マジで?!そんなことあるかい!」と反発しそうになったが、そのSaxプレイヤーの奏でる音楽が本当に素晴らしかったのです!フレーズ、音色、全てのプレイに感動がありました。

正直「まじで、こんな演奏できる人間がいるのか…」と一緒にセッションしながら感動しました。まさに上手いではなく「いい演奏」だったのです。

これが世界だ!(by 松岡修造)

そのSaxマンはロサンゼルスに住んでいたので、とにかく名プレイヤーの演奏を見て・聴いて・体験して育っていたのです。そう!「一流のものに触れる」という環境にいたのです!

そのドラマーはセッションで何を感じたか、それは「蓄積しているモノの質・レベルが違いすぎるじゃねーか!」です。そうなんです引き出しの中身が全然違う!いわゆる「これが世界だ!(by 松岡修造)」の瞬間でした。

その時、ドラマーが渡米を決意したのは言うまでもありません。

born2

後日談

ロサンゼルスでひたすら一流のライブを見ました。ゲイリー・ノバック、サイモン・フィリップス、デニス・チェンバース、デイブ・ウェックル、トム・ブレックライン、トス・パノス、スティーブ・スミス、マーヴィン・”スミッティ”・スミスなどなど。

ドラマー以外でも、スティング、スティーブ・ヴァイ、マイケル・ランドゥ、ディーン・ブラウン、マイク・スターン、ジミー・ジョンソン、スティーブ・ルカサー、ロベン・フォード、デヴィッド・ガーフィールドなどなどなどなど…。

本当にたくさんのプレイヤーのライブやコンサートを見て、聴いて、体験し、自分の引き出しの中身を磨きに磨きまくったのです。

誰が一流か?ということに関係なく、とにかく色々なプレイヤーの音楽に触れまくりました。すると今まで最高!と思っていたものを超える最高!に巡りあう。そんな感じで自分なりの一流に近づいて行きました。

さて、その結果。。。

例のSaxプレイヤーと数年ぶりにセッションする機械がありました。その時、最初の音出し(8ビートを少し叩いただけ)で言われたのが「音が超変わった!いいドラム叩くね!」でした。

ようやく同じ目線・同じ景色でセッションできたのです。そのセッションが熱く盛り上がり、楽器でお互いを理解し合ったのは言うまでもありません。あの時は本当に嬉しかったなぁ〜(遠い目)。

まとめ

今回は、変な昔話になってしまいました。我慢して最後まで読んでくれた方ありがとうございます!

結局何が言いたかったのか?というと、、、「お手本にするプレイってのは、生で体験しないとダメ!」ということです。さらに!ドラム教室の宣伝だったりもします。「いい演奏をするドラマーに習う」これって大切!

さあ、今すぐお問い合わせを!

ドラムの個人レッスンやってます!

かっこいいドラムを叩くコツ、教えます!
「ドラムを基礎から学びたい方」に最適な個人レッスンです。

独学では気づかない表現力を大切にしたドラムが叩けるようになりますよ。

※体験レッスンやってます。(¥5,000)


レッスンの内容と料金をチェック!!

YouTubeチャンネルもどうぞ!