音がしょぼい?それは太鼓を鳴らしてないんですよ。

音がしょぼい?それは太鼓を鳴らしてないんですよ。

私が叩くドラムの音は、かなりよく聞こえます。
ギターとかベースとか、他の楽器が爆音を出しても、それに負けない生音を出せます。

実はこれ単にパワーで「音がでかい」のではありません。
太鼓が「鳴っている」から、音が通るのです。

そう、私は太鼓を鳴らすことができるドラマーなのです!

音がしょぼいと悩んでる?

特にロックバンドは、ギターが爆音だったりします。
爆音って気持ちいいんですよねー。(弾いてる本人は …)

ドラムは生楽器ですから、そんな爆音バンドだと、
どうしてもドラムの音が負けちゃうよ!
そんでもって、バンドメンバーからは「もっとパワフルにできないの?」とか言われたり、、、
って事ありませんか?

そもそも、「音がしょぼい」ってのは、やっぱりダサいです。
ヘタなドラムと、うまいドラム。

この違いの一つに、「音の質」があるんです。

ドラムは鳴らす楽器

no-power
音の質って、同じドラムセットを別の人が叩くとはっきりわかります。
(あまりそんな機会ないけど…)

叩き手によって同じドラムセットでも出す音に大きく違い(個性)があるのです。
もちろん「なま音」がしょぼい人、結構います。。。

そして、しょぼい音を出すと「何かヘタに聴こえる…」ってなります。

その違い、それは「鳴らせるかどうか」。これです!

ただパワーでぶっ叩く!これダメヨ

ただひたすらにパワーで大きな音を出す人もいます。
これは、全く論外。

太鼓を鳴らさずに、ただパワーで音を出すのは「単なるノイズ」です。
はっきり言って聞いてて心地良くないんですねー。

私はそんなにマッチョではありません。
でも、ギターの超爆音に負けない「存在感」と「キレ」のあるサウンドを出します。

そう、太鼓を「鳴らす」ことができるからなんです。

まとめ

「鳴らす=音が大きい」って事ではありません。

鳴らす=太鼓本来のパフォーマンスを引き出す」ということです。

鳴らすにも「ソフトに鳴らす」とか「思いっきり鳴らす」とか色々あります。

JazzとかPopsではソフトに鳴らして、心地良いサウンドを出す。
ロックの場合はフルで鳴らして、気持ちのいいビートを出す。

鳴らすってことを身につけるだけで、ドラムの「表現力」がかなり違ってきますよ。

圧倒的に凄い音を出す!Los Angelesで感じた西海岸のサウンドを教えます。
≫ みっきーのプロフィールを見る
≫ レッスンの内容と料金を見る

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

オンライン講座もやっています。

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編