ドーナツセルフィーで差をつけろ!クリエイティブな動画でバンドの好感度もうなぎ登り〜。

ドーナツセルフィーでバンド動画を作ろう

「セルフィー」いわゆる自撮り写真のハナシ。

バンドの練習風景やイメージ写真など、バンドマンの皆さまはたくさんの写真を撮ると思います。しかーし!毎回同じようなアングルどのバンドでもやっているようなシーンばかりで「もうちょっとクリエイティブな画が欲しいぜ…」と悩んでいる方いませんか?

今回はセルフィーを活用した面白い撮影方法「ドーナツセルフィー」についてご紹介〜。

ドーナツセルフィーって?

ドーナツセルフィーは「瞬間移動をしているっぽい動画」です。カレン・チャンさんという方が始めたものでチョー注目されています。

↓百聞は一見にしかず、まずは動画をご覧あれ。

はい。こんな感じで自分を中心にグルっと回る…あらビックリ!次の瞬間には別のシチュエーションに早変わり〜。

これがドーナツセルフィーでございます。

これどうやって撮影してんの?

撮影に特別な機材は不要です。でも複数の動画をつなげる編集アプリが必要です。
さらに、iPhone6などスローモーション動画が撮れると、より雰囲気のあるドーナツセルフィーが撮れます。ということでiPhone6を持っていると、動画編集アプリのiMovieもあるから幸せになれます。

撮影方法
1.スマホのカメラ部分を自分の耳に当てましょう。(暗転状態からスタート)

2.そこから、自分を中心にグル〜ンと撮影し…

3.反対側の耳にカメラを当てて終了(暗転状態で終わる)

4.1〜3を色々なシチュエーションで撮影し、動画をつなげれば出来上がり〜

バンドのイメージ動画も作れるぞ!

もちろん自撮りでなくてもOKなので、バンドメンバー毎に演奏している動画をドーナツセルフィーで撮影すれば…。なんかカッコよさげなイメージ動画の出来上がり!

スタジオでバンド練習をしている時、ライブやレコーディング風景、メイクや衣装のパターンを色々変えて…など撮影意欲が湧いてきますね。

まとめ

うまく撮るには「最初と最後の画面を真っ暗にさせる」というポイントを押さえておけばOK。あと、どのタイミングでスローモーションさせるか?で雰囲気が変わるので、色々と試してみると楽しいです。

撮影した動画は、ホームページで公開したりツイッターで流したり、バンドのプロモーションに役立ててください。

ちなみに、動画撮影&編集はスマホの電池をガンガン使うので、撮影の時は充電ケーブルを持っていかないと大変なコトになりますよー。

ドーナツセルフィーお試しあれ!

セルフィーと言ったらセルカ棒。先日ロサンゼルスに行ったけど、みんな持ってたし普通に使っています。
あと、iPhone6プラスの人は対応している商品かを確認してから買いましょー。

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編