電子ドラム「ATV EXS」で「Addictive Drums 2」を鳴らして遊ぶ(キーマップの作り方)【ドラマーのDTM】

みっきー

ドラム教室のみっきー(@mickey_higashi)です。
個人レッスン教則本もチェックしてね。

Youtubeチャンネルで動画講座を公開しています。
チャンネル登録をお待ちしています!

電子ドラム「ATV EXS」を叩いて、DAWでインストゥルメンツを鳴らす方法の解説です。(DTMをやらない方には「なんのこっちゃ?」な話ですが、お優しくお付き合いください。)

今回はXLN Audio社の「Addictive Drums 2」というソフトウェア音源を使います。(→以下、Addictive Drums 2は “AD2” と略して書きますね)

ちなみに、私はEXSを使っていますが、ATVの「aDrums」でも基本の流れは一緒ですよ。

キーマップはソフトウェア音源によって違うもの

どのソフトウェア音源にも言えることですが、単純にEXSとパソコンをつないで叩いただけでは、思った通りの音が鳴りません。

例えば、

  • EXSの「スネア」を叩いたのに、AD2では「シンバル」の音がでる。
  • EXSの「ハイハット」を叩いたのに、AD2では「ハイタム」の音がでる。

みたいな、トンチンカンな音の鳴り方になります。

これは、EXSが「スネア」として送信したキー(信号みたいなもの)を、AD2が「あ、このキーだったらシンバルだね」と間違えて受け取るためです。

なので、そんな勘違いのAD2さんには、
「このキーを受信したらスネアを鳴らすんだよ」
「このキーの場合はシンバルだよ」
みたいに、AD2EXS向けに優しく調教してあげる必要があります。

この「どのキーが、どのサウンドに対応しているか?」をキーマップ(ドラムマップ?)と言います。

って事で、やる事は「AD2のキーマップを、EXS向けに修正する」という作業です。

キーマップの調整

ソフトウェア音源は、大抵はキーマップの編集ができる機能が付いているものです。

AD2の場合、キーマップ編集するにはメニューの「?」ボタンをクリックして、「Map Window」を開くと設定可能です。

EXSを叩いて確認していく

Map Windowでは、各キー(EXSから送られてくる信号)に対して「何を鳴らすか?」が一覧表示されています。

36番の信号が送られてきたら「Kick」を鳴らす。
40番の信号が送られてきたら「Snare RimShot」を鳴らす。
みたいな感じです。

EXSがパソコンに接続していて、DAWがちゃんと認識していれば、EXSをポコポコ叩くと「受信した信号のキー」が光ります。

光ったキーと、そこに割り当てられているサウンドが正しいか?をひたすら確認&修正してけば、EXS用のキーマップが完成します。

ハイハットの割当ては要注意

ハイハットは、ペダルのオープン/クローズがあるので注意が必要です。

  • クローズしている時の音色
  • オープンしている時の音色

これら2つの系統があるでご注意ください。

オープンの場合、微妙な空き具合を反映させるため「CC HiHat」と書いてある音色を割り当ててください。(→私は、最初ここでつまずいた。)

その他、ハイハットのオープン/クローズがデフォルトでは逆になっています。(閉じてる状態をオープンと判断して、開けた時にクローズと判断しちゃう)

なので、「CC Reverse」にチェックを入れることも忘れずに。
AD2のチェックボックスは「オレンジに光ってる状態」がチェックが入ってるという意味になります。(これまた、わかりにくい。。。)

EXSが送信するキー(MIDIノート)

EXSが送信するキー(MIDIノート)は以下の通りです。

タム系

DrumsNoteNoteNum
KickC136
SnareD138
Snare(RimShot)E140
Snare(SideStick)C#137
Tom1C248
Tom2A145
FloorG143

シンバル系

DrumsNoteNoteNum
HiHat(Tip-Close)F#142
HiHat(Tip-Open)A#146
HiHat(Edge-Close)A#-122
HiHat(Edge-Open)D026
HiHat(Foot)G#144
Crash1(Edge)G255
Crash1(Tip)C#249
Ride(Tip)D#251
Ride(Cup)F253
Ride(Edge)B259

1個1個叩きながら設定するのが面倒くさい場合は、上記の表にあるキーにペタペタとサウンドを割り当てちゃってもいいです。

みっきー

1個1個叩きながら設定するのが面倒くさい場合は、上記の表にあるキーにペタペタとサウンドを割り当てちゃってもいいです。

おさらい

EXSを叩いてAddictive Drums 2の音源を鳴らすには、キーマップを設定すべし。

キーマップを設定しちゃえば、あとは色々な音色で叩くのみ!
いつもと違った音の感じで楽しめますよ〜。

ソフトウェア音源を買うのは、PluginBoutiqueが安くておすすめです。
さらに!Addictive Drums 2は色々なパッケージがありますが、「Custom」というパッケージがお得です。(というか、買うなら絶対Customってやつにしないと損です。)

Music Software Bundles from Pluginboutique.com
みっきーからの
お知らせ

◎通信講座でドラムが習えます。
オンラインレッスンの詳細はこちら

◎練習パッドで基礎トレーニングをしよう!
ドラム教本はこちら

◎メルマガやっています。
小ネタや、よく聴く音楽などの紹介をしています。ご参加ください!
メルマガ登録はこちら

ドラムの個人レッスンやってます!

かっこいいドラムを叩きませんか?
「ドラムを基礎から学びたい方」に最適な個人レッスンです。

独学のクセ・伸び悩みも解決します!

※体験レッスンやってます。(¥5,000)


レッスンの内容と料金をチェック!!

オンライン講座もやっています。

YouTubeチャンネルもどうぞ!

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編


メルマガはじめました!是非ご登録ください。
メルマガ登録はこちらから