チック・コリアに影響されまくり。音楽の幅を一気に広げてくれた思い出。

ドラム教室のみっきーです。オンラインレッスン教則本もチェックしてね。
ブログに書けないドラムのちょいネタはメルマガで配信しています。こちらから登録をお待ちしています!

偉大なピアニスト、Chick Corea(チック・コリア)さん。私の音楽人生を大きく変えた人です。

今回は、実際にお話した事はありませんが、そんなチック・コリアに関する思い出ばなしをつらつらと..。

子供の頃に聴いたスペイン

私が一番最初にチック・コリアの作品に触れたのは、おそらく小学生の頃。超名曲「スペイン」が最初だったと思います。子どもながらに「いい曲だなぁ〜」と感じていたものです。

「スペイン」は名曲中の名曲なので、色々な人がカバーしています。なので、どのスペインを聞いていたのか?は全く覚えていませんが、スティーヴ・ガッドがドラムを叩いていたと思います。

でもって、当然「スペインはチック・コリアの曲だ」とか、「原曲はリターン・トゥー・フォーエバー版だよね」みたいな事は考えていなくて、とにかく「スペインってアガるぜ!」という感じでした。まあ小学生だからね。。。

みっきー

今考えると、そういう情報のフィルター無しに”良い”と思って聴いてるのが本来のピュアな?聞き方なのかもね。

リターン・トゥー・フォーエバーはAmazonプライムの無料特典で聞けるよ↓

鼻高々の少年がチック・コリア・エレクトリックバンドに出会った

小さい頃は「与えられた音楽を聴く」という感じでしたが、小学校の高学年あたりから「自分が聞きたい音楽を聴く」という聞き方になります。まあ当然ですよね。

その当時、私が聴いていたのはハードロック!!
と言っても、比較的ライトな?感じで、「ヴァン・ヘイレン」「アイアン・メイデン」が好きだったのを覚えています。他にも色々と聞いてたけど、全く覚えていない…。

そんなロック道まっしぐらだった私が、その当時思っていたのが

「ドラムって同じフレーズ(8ビート)ばっかりで退屈ぅ〜。もっと色々叩きたいなぁ」
…っていうスーパー上から目線の生意気な考えでした。(昔のことなので許してください)

そんな時に出会ってしまったのです。チック・コリアに。

デイブ・ウェックルを引っ張ったらチックが出てきた

確か中学生の時だったと思います。
「なんか、デイブ・ウェックルっていうすげー超絶技巧のスーパードラマーがいるらしい」という風の噂?を聞いた私。

「どれどれ、そんなすげードラマーっているのかい?」と思い、調べてみると「チック・コリア エレクトリックバンド」っていうグループに、そのデイヴ・ウェックルがいるらしいという情報をゲット。

「ん?チック・コリア? 確かスペインって曲の人だよな…。懐かしぃ〜!」
はい、ここで繋がりました。

スペインの人のバンドならCDを買う価値あり!と判断した私は、さっそくお小遣いを握りしめてレコード屋さんへ。

みっきー

今みたいにYoutubeでパッと聞けないですからねぇー。CDを買うのも厳選に厳選を重ねて、最終選考に残ったものを買う感じでした。

しかーし!
商店街のCD屋にはチック・コリア・エレクトリックバンドのCDが全然売ってない!!近所のCD屋は演歌や歌謡曲ばっかりで、洋楽、さらにはJazz/Fusionなんて全くない。。。

何軒かハシゴして、さらに隣の駅のCD屋さんまで遠征したのを覚えています。電車賃も無いので歩いて行った記憶が。。。

そして…1枚だけあった!!
チック・コリア・エレクトリックバンドの「アイ・オブ・ザ・ビホルダー」ってアルバムです。(中古だとすごく安い…)

はい、という感じで「デイブ・ウェックル」のドラムが聞きたくてレコード屋を探し回ったら、チック・コリアにたどり着いた…というのが、チック・コリアの音楽との再開でした。

Fusionにドハマリ。そしてテクニック主義の沼へ…

そこからは、怒涛の急展開。フュージョンブームの到来です。
中学からずっとフュージョンを聞き続けています。

全然イージーじゃねぇ!

なんかフュージョンっていうと「BGMっぽい歌のないやつ」みたいなイメージでした。でも、チック・コリアを聞いて「全然違う!」と気づきました。

それまでは、フュージョンのイメージって「イージーリスニング?」だったのですが、チックを聞いた時
「全然イージーじゃねえ!…というか楽器をかなり極めていないと凄さがわからないこの感じ、何なんだ?!」
と思ったのを記憶しています。

Jazz要素が強かったり、ロックだったり。まさしくフュージョン。そして自由というか、表現の限りを尽くしている事に衝撃を受けました。

みっきー

特にヘビーローテーションしたのはアルバム・タイトルになってる「Eys of the Beholder」かな。こんなラテン風というか異国情緒っぽいの好きなんですよ。(もしかして小さい頃にスペインを聞いてた影響なのかもね。)

チック・コリアで芋掘り

って事で、すっかりハマった私は「チック・コリア」を軸にCDを漁りまくりです。(個人的には芋掘り作戦と読んでいます。)

チック・コリア・エレクトリックバンドのCDはもちろん、リターン・トゥ・フォーエバー、さらにはGRPレコード(レコード会社)繋がりでデイブ・グルーシン、リー・リトナー、スパイロ・ジャイラ…。

そして、エレクトリックバンドのメンバー、デイブ・ウェックル、ジョン・パティトゥッチ、スコット・ヘンダーソン、フランク・ギャンバレ…などのメンバーからさらに芋掘りをして、芋掘って、芋掘って…という感じで、音楽の幅がどんどん増えていったものです。

みっきー

現在のお気に入りドラマー Gary Novakさんも、エレクトリックバンドですね。そう考えると、チックの芋掘りパワー恐るべし。。。

特に、リターン・トゥ・フォーエバーを最初に聞いた時はぶっ飛びましたね。ドラムも破天荒で凄すぎるし、1曲が長くね?!みたいな驚きもありました。

とにかく、知ること・知る人・聞く演奏、すべてが新しい発見の連続で、本当に音楽の世界が一気に広がったなぁと思います。

テクニックの沼

さて、そんなフュージョン/Jazzにドハマリした私。

何が私をそうさせたか?というと、やはりテクニックをもっと披露したい!」という自己満足に火がついてしまった事ですね。若気の至りというか何というか…。

そんな、自己満足ドラマーにとってデイブ・ウェックルはど真ん中に刺さりました。「なんじゃこれ、すげーテクニックゥ〜!!」と、どんどん視野が狭まり、その頃はテクニックしか見ていなかった気がします。木を見て森を見ず(違うかな??)

そんなテクニック沼からの脱出ストーリは別のブログで書いているので、是非読んでね↓

チック・コリアの何が好きか?

最後に、チック・コリアの何が好きかって??
フレージングや不協和音な感じ…みたいな細かいことはわからないけど、曲や演奏が私のハートにぶっ刺さります。理由はそれで十分だよね。

強いて言えば、何となくフレーズや和音の響きが、ピアノなんだけど打楽器っぽいと感じるのがグッとくるのかな?(←個人の感想です)

小さい頃から、知らずに聞いていたチック・コリア。
私の音楽人生を大きく変えるキッカケになったチック・コリア。

そんなチック・コリアさんの思い出でした。

「Eys of the Beholder / Chick Corea Elektric Band」を聴きながら。
R.I.P.

基礎からドラムを習いませんか?

自己流、伸び悩み...?!
「ドラムを基礎から学びたい方」に最適な個人レッスンです。


レッスンの内容と料金をみる

YouTubeチャンネルもどうぞ!

メルマガはじめました!是非ご登録ください。
メルマガ登録はこちらから

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編