ドラム上達のコツは『手と足を分離して叩けるようになる』ことです。

右手、左手、右足、左足の4つをバラバラに動かす(分離してコントロールする)には、バラバラに叩くためのトレーニングが必要です。

『手足を分離して叩く基本練習ドリル』では、手と足をバラバラにコントロールするための基礎練習を連載していきます。

リズムをキープして、手足をバラバラに動かすコツ

リズムが乱れる…、手足が思うようにバラバラに動かない…、という場合は、体のバランスを気にしてみましょう。

詳しい説明は以下で説明しています。読んでいない方は、最初に読むと幸せになれます。
ドラムが「走る」のはどうして?チェックしておきたい5つのポイント
ドラム椅子の座り方。高さや座る位置を決めるポイントは?
リズムキープができない?フィルの時にリズムが揺れる?それは練習方法が間違っているから!

今回の練習パターン

楽譜の上段はスネアドラム、下段はバスドラムです。今回は左からスタートのパターンです。
手足の基本練習ドリル4

サウンド(テンポ60)↓

練習の流れ

メトロノームに合わせて、練習パターンをひたすら反復です。

【練習時間:約6分】
【テンポ:60〜80】

練習パターンを1セットとして、ゆっくりからスタートします。

  • 1.テンポ『60』で、練習パターンを『5セット』
  • 2.テンポ『65』で、練習パターンを『5セット』
  • 3.テンポ『70』で、練習パターンを『5セット』
  • (速くなってくるとフォームが乱れがち。ちゃんと確認しながら叩きましょう!)
  • 4.テンポ『75』で、練習パターンを『5セット』
  • 5.テンポ『80』で、練習パターンを『5セット』

はい。お疲れ様でした〜。

速いテンポだけを練習するのではなく、ゆっくりから始めて、徐々にテンポを上げて何セットも練習することがポイントです。

練習する時に注意するポイント

パターンはシンプルですが、「走る」「もたる」などリズムの乱れに注意しましょう。
リズムが乱れやすい所は…

  • ①手は4分音符、足が8分音符の所で「足のリズムが乱れがち」
  • ②8分音符から16分音符に切り替わる所で「16分音符の出だしが乱れがち」
  • ③16分音符から8分音符に戻る所で「8分音符の出だしが乱れがち」

手足の基本練習ドリル2

しっかり集中して、確実に・正確に叩く練習をしましょう!
「何となくできたからOK」という中途半端なゴールでは、練習の効果は薄いです。

メトロノームは友だち!
メトロノームにちゃんと合っているか?の判定はストイックに行いましょう。

パターンをやっている時に「あ、リズムがズレた…」と思ったら、1セット目からやり直し!
全セットを連続でパーフェクトに叩けるまで頑張りましょう!(すごく集中しないとできませんよー。)

自分の音を客観的に聴けていますか?

基本練習では、
・メトロノームに合って叩けているか?
・リズムが乱れていないか?
など、自分の叩いた音を俯瞰して聴く(セルフチェックする)ことが大切です。

自分の音が客観的に聴けていないと、叩けてるつもりになってしまいます。

  • 自分でチェックするのは難しい!
  • リズムが合っていか不安だ…
  • どうしてもクセが抜けない、わからない!

という方は、独りで悩んでいるより習ったほうが絶対に早いです。

上達したい方は、ドラムの個人レッスンをオススメします!

オンラインレッスン

オンラインレッスン受付中

みっきーのドラム教室では、対面の個人レッスンが基本ですが、
・なかなか通う余裕・時間がない
・通うのは敷居が高い
・東京/横浜エリアではないので通えない
・対面は苦手・緊張するのでちょっと…
という方のために、オンラインでの通信レッスンをしています。
一回ごとの単発レッスンです。ぜひ一度受講をしてみてください!