Welcome to 東京ネイロ(Tokyo Neiro).

“Tokyo Neiro” is a Japanese composer based out of Tokyo. I do not stay in any one genre and just produce music that I as artist would like to express to. I hope you enjoy my music.

“Neiro” is the color of the sound that attracts you and moves you emotionally.
In Japanese Kanji, it is written with “音(sounds,tone)” and “色(color)”.

“Tokyo Neiro” is a Japanese composer based out of Tokyo. I do not stay in any one genre and just produce music that I as artist would like to express to. I hope you enjoy my music.

Rock/Electronica/Instrumental/Vocaloid.

はい、こちらは別館です。

最初は本館とか別館なんて考えてなかったのですが、音楽とDTMの勉強に…とカラオケバージョンを作っていたらハマりました。

マジで超楽しい。

カラオケバージョンばかりをアップしていたら、カラオケを求める方からのアクセスが増えた(というか、そればっかりになった)ので【別館】としました。今後は、基本的には別館の方はカラオケチャンネルになりそうな予感。。。

キッカケは娘の「カラオケ作れないの?」

ちなみに、カラオケを作り始めたキッカケは娘からの一言。

「パパ、この曲のカラオケ作れないの?歌いたいんだよね〜」

はい、娘に絶対嫌われたくない・娘に気に入られるためなら何でもするお父ちゃんパワー全開です!

ちなみに、娘はミュージカルが好きなのでミュージカル系のカラオケばっかりです。というか、娘が興味ない曲のカラオケは作らないと思います。(やっぱモチベーションが大事だよね。)

プラモデルを作ってる感じでハマる

DTMのカラオケ制作って、プラモデルを作っているみたいで楽しいです。子供の頃にガンプラ作りまくった私にはドストライクです。

楽譜がある場合は、説明書を読みながらプラモを作る感じで1つずつ組み上げていく楽しさがあるし、楽譜がない場合は、自分で曲線をよく見て、構造を理解して、加工して…みたいな感じで楽しめる。

さらに、塗料や塗装スプレー、ヤスリとか、ジオラマの小道具など、その辺の楽しみもプラグインや音源っていう感じで無限に楽しめる。子供の頃「ちょっと泥で汚したいな〜」「接合部分に錆びた質感を入れたいな〜」とか、「この山と木のパーツ、超リアルで最高!」みたいな楽しさが、DTMでも味わえる。

はい、大人のプラモデルって感じで楽しんでます。

そんでもって、楽曲の構成や各楽器のフレージング、アプローチなどを全て分解して理解するので勉強になる!こりゃ、やらなきゃ損でしょー…って思います。

実際、カラオケを作り始めてから色々と知識やスキルが上がった気がする。最初は「この音色は何の楽器だ?!」「このサウンドの質感はどうやってだしてるんだ?!」と迷いに迷いまくった。でも、それらを解決するたびに一つずつ経験値が上がっていった感じがしています。

さらに、プラグインやソフトウェア音源も「必要・不要」のジャッジができるようになりました。以前は安いと「買っておかなきゃ?」とか思ってたけど、今は「あ、これは使わない」とか「これ、絶対使う!」ってのが判断しやすくなりました。