Steve SmithとVictor Wootenのリズム隊はNAMMショーでも最強だった!

namm

今回ご紹介するドラムの引き出し向上動画は、Steve SmithさんのNAMMショーでのセッション。

NAMMとは、毎年アメリカで開催されている楽器ショーのこと。世界最大級の楽器イベントですね。

さて、注目のリズム隊はスティーブ・スミスさん(ドラム)とVictor Wootenさん(ベース)の最強コンビ。

まずは動画をご覧あれ〜。

恒例の見どころ紹介

まず気になるのは75%のスキンヘッド率。
キーボードのTom CosterさんとドラムのSteve Smithさんの区別は、後頭部のジャックイン・プラグがあるか無いかでしかわからん状態です。

そんな期待の高まるセッションから、見どころをピックアップ!

ベースのグルーヴがハンパないっす

Victor Wootenさん(ベース)が超グルーヴィー!
楽曲自体が比較的キメキメ(←キメが多い)なのに、どんな曲調でもグイグイと腰にくるグルーヴがとても気持ちよい。

ベースに注目して見るのも、リズム隊としての勉強になりますねー。

スイッチ・オフ状態のプレイヤーを観察するのもライブの楽しみ

【6:03秒くらい】
トム・コスターさん(キーボード)のソロイントロ(ルバートと言う)で始まる曲。この時、ドラムのSteve Smithさんがスイッチをオフにしているのがよくわかります。

こういう、他の楽器だけの時って集中を一旦オフにすることがあります。(←あくまで次の集中のために。)そんなシーンもライブを見る楽しみの一つですね。

水を飲んだり、目をつぶってソロ演奏に聞き入っている(フリ?)をしたりするけど、結構あるあるネタなのが「セッティングをちょっと直しがち」「何となくネジを締めちゃいがち」っていうクセですね。
実際にセッティングがズレることもあるけど、何となく手持ち無沙汰な感じで、ちょっとスタンドをユサユサしたり、ネジをキュット締めたり…そんな事をついしちゃいがちです。

ディギドゴダギディダドン、ダガディギドゴドギディガダギディゴ、ダギディガドンダギ

【10:19秒くらい】
ディギドゴダギディダドン…と歌いながら叩くスティーブ・スミスさん。うーん、なんだか斬新っす!
1点を見つめて真顔な感じが、緊迫感と妙なおかしさが交差して面白い。

しかーし!もっと見たいのに結構あっさり次の曲へ編集されちゃってる…残念。ハイライト動画だから仕方ないか。。

なにげにすごい!最後のGrooveを見逃すな!

【12:36秒くらい】
ここからエンディングに向けてのGrooveがすごい!

すごいスピード感と緊張感、グルーヴでガンガン攻めてくる感じ。途中のピタッ!と決まるキメも、超カッコいい!
短いけど、ものすごく高揚感が伝わってくるエンディングですね。この一瞬の爆発力はすごいっす。

曲が終わった後に、スティックをクルっと回すのもかっこいいなー。真似しよう。

さて、好評の(?)おすすめCDコーナー!
スティーブ・スミスさんとヴィクター・ウッテンさんのリズム隊を堪能するなら絶対コレですね。

Follow me!

基礎からキチンと習いたい方へ

ドラムを叩きたい!伸び悩んでいる...という方は、今すぐドラムの個人レッスンを!
基礎からちゃんと学びたい方にピッタリのドラム教室です。

※まずは体験レッスンからどうぞ(¥5,000)

YouTubeチャンネル

小ネタ・おすすめ動画をメルマガでお届け。

教則本(練習パターン集)を販売しています!
ドラムの練習帳:練習パッドで基礎練習編